買取にも資格が必要

買取にも資格が必要なことがある

貴金属の買取に必要な資格とは

貴金属の買取に必要な資格は「古物商許可証」という免許の様なものです。発行してもらうための試験はありません。必要書類を揃えて最寄りの警察署に申請するだけです。必要書類とは、個人の場合でしたら、「住民票」、外国人の方は「外国人登録証明書」、本籍がある市役所で交付される「身分証明書」、法務局で交付される「登記されていないことの証明書」、賃貸で契約している住居で営業を行う場合には「賃貸契約書の写し」、これらは事前に用意して行き、「個人許可申請書」、「略歴書」、「誓約書」は警察署に用紙がありますので、そちらに記入します。その他に、1万9千円前後の費用を会計課に納めます。申請後、実地検査があります。そして古物商に必要なプレートと、古物台帳を用意すると、貴金属の買取が出来るようになります。

資格が必要!買取について

買取業を個人で経営する人も、企業に就職する人でも、資格が必要になります。資格は古物商営業法により定められていて、種類も、販売、買取する項目により分かれています。筆記試験など特に難しい勉強は必要ありません。住民票が置いてある自分が住んでいる地域の警察署に申し出て、古物商営業許可証を取得するために申請することになります。必要書類などは、身分証と住民票、登記簿謄本が必要になります。管轄の警察署によっては、他に必要書類が必要な場合もあるので、申請する前に、警察署に問い合わせてみることが大切です。リサイクルショップ、質屋を営業する時は、必要になるので事前に確認しましょう。

↑PAGE TOP