買取サービスの需要

買取サービスの需要について

いらないものを買取サービスへ

大学で授業を受けるためには、色々な準備が要ります。色々と勉強に必要な道具を買い足す必要があり、学費ではありませんが、なかなかの出費になります。特に高くつくのが参考書です。テキストとして指定されている事もあり、それがなければ授業に出席出来ない事も多々あります。ただ、通学中は重宝する参考書ですが、いざ卒業すれば一気に不用品となりますので、もう要らないと分かり次第、買取専門店に売った方が良いでしょう。また大学のテキストの他に、個人的に勉強していた資格取得に役立つマニュアルや専門書なども、買取専門店に持ち込めば良い値段で引き取ってくれるでしょう。

買取サービスを行うための資格

ブランド品のアクセサリーや貴金属、書籍やCD、電化製品といった買取サービス業を営む場合には、予め、都道府県の公安委員から許可を得た「古物商許可証」の資格が必要になります。古物とは一度でも使用した物、未使用でも一度誰かの手に渡ってから新たに取り引きされる物の事で、この古物商許可証を無くしてはそのサービスを行う事が出来ません。買取店舗に持ち込まれる商品には悪質な偽物や盗難品が紛れ込む場合があるので、古物営業法による許可を得て、管轄する警察署の指導の下、初めて営業が出来るようになります。取得する為の試験はありませんので、管轄する警察署に必要書類を揃えて提出すれば、欠格理由が無い限りは1ヶ月程度で許可が貰えます。資格を持つ人が店舗内に一人でもいれば、他の人が無理に許可証を得る必要はありません。

↑PAGE TOP